2020年1月20日 (月)

相続登記義務化か

こんにちは!マーケティング営業部の松中です。
皆様ご存知のとおりいよいよ今年の4月に民法の債権法に関する規定が大幅に改正されます。瑕疵担保責任に代わり新たに「契約不適合責任」という概念が生まれ、司法書士の先生方はもちろん、特に不動産会社や売買の売り主の方々はこの辺りの理解を深めておかないと思わぬトラブルになるのではないかと思います。私たちも日々勉強をしておかなければならない内容かと思っております。民法改正も大きなトピックではありますが、私が個人的に興味を持って動向を見守っていますのが今年大きな動きを見せそうな下記の内容なります。
・土地相続登記、義務化へ
・土地の売却や賃貸、一部所有者でも可能に
これらの内容につきましては、先日1月10日に中間試案の意見募集が開始されました。まだまだ検討事項は多々ありますが、現実化の一歩となる1年となるのではないかと期待しております。
 相続登記がなかなか行われない原因のひとつとしてはやはりその手続きの煩雑さではないかと思われます。司法書士の先生に相談などできているケースの場合は問題は起こらないかもしれませんが、例えば相続人同士が揉めていて誰が何を相続するのか決める事が出来ない、相続人が多すぎて遺産分割協議がなかなか進まないといったところかと思いますが、一番の理由は登記自体が義務ではない、ではないでしょうか。
 その結果、全国で所有者がどこにいるか分からなくなっている土地が実に九州本島に相当する数になっているそうです。所有者が分からない土地ではいわゆる「空き家問題」はもちろん、公共事業が滞ってしまったり地震や大型台風の被災地などでは所有者不明の土地が復興を妨げているケースも珍しくありません。所有者不明土地問題はもはや国益に関わるといっても過言ではないかもしれません。
相続登記義務化の改正案でこれらの問題は良い方向へ向かうのではないかと思います。相続登記義務化に関してはもっと手続きを簡素化する、登記を行わない場合は罰則を科す、などの措置が取られるのではないかと思いますが具体的にどのような内容になるのか注目しております。また平行して一部所有者だけでも土地の処分が可能にする案も現実になるかもしれません。売却の場合は共有者が不明者の持ち分の価格を法務局に供託することによって土地を取得できるようになるとの事で、今まで不明者がいることによって滞っていた土地活用などに大きく寄与するのはないかと思います。いずれの案もこれからの話にはなりますが、今年は大きな一歩となりそうです。

Photo

2020年1月14日 (火)

人と人とのつながりが

こんにちは。CSサポート部の関谷です。
昨年は、元号改元・ラグビーワールドカップ・消費税増税・軽減税率・キャッシュレス決済等イベントの多い年でした。今年も負けておりません。年明けには毎年恒例の大学駅伝。燃えますよね。見るだけですが・・・(笑)そしてなによりオリンピック年ですね。多くの感動が生まれることとでしょう。感動が生まれるということは、人と人とのつながりがあることで生まれるものだと私は思います。
なぜか?
人は一人では何もできないわけではありませんが、人とのつながりでその力が10倍にも100倍にもなります。スポーツであれば応援がいい例だと思います。応援を受けることで信じられない力を発揮することができます。仕事でいえば、一人で行うよりチームで取り組む方がスピードも上がる&自分では思いつかない案が出てきたりとメリットが多いです。
私自身、昨年は人とのつながりによりいい出会いに恵まれました。転職も2回目になりますが、初めての転職の際は焦りもあり、一先ずどこでもいいから早く働けるところ感覚で仕事を探していましたが、今回は、転職サイトを利用し、担当者さんに付いていただきました。
最初のうちは、積極的に担当者さんと話をしていなかったのですが、悩みや現状の不安要素など、話しているうちに担当の方からもアドバイス等いただけたので、転職に対しての意識変化をすることができました。担当者さんが休みの際もフォロー体制がきちんと取られていたため、不安なく転職に臨めました。そして何より、弊社に入社できました(喜)
入社して約半年。先輩方に教えていただきながら、皆様からのお電話を対応させていただいておりますが、叱咤激励いただくこともしばしば。皆様からの期待値の裏返しと思い、精進の日々を送っております。これからの電話対応も1つ1つ大切に対応させていただき、皆様とのつながりを強固なものにしていきたいと思います。

2

2020年1月 6日 (月)

自分に合ったやり方

初めまして、総務部の仲岡です。
今回は初回ということで、ご挨拶がてら私のプライベートなお話しにお付き合いください(^^)
この時期、朝晩の冷え込みが強まり朝布団から出るのが億劫で寝坊しがちな方も多いと思います。みなさんは毎朝、何時に起きていますか?わたしは(朝のうちに家事を済ませておくタイプですので)ほんの数週間前までは、ほぼ毎日4時半起きでした・・・寒くなってきたこの時期は「もう少しだけ寝たい・・」という思いが強く、憂鬱な気分で朝を迎えていました(>_<)
そこで、ある方から勧めていただいたレシピ本を某通販サイトで注文することにしました!普段全く通販サイトを利用しないので、到着まで “2~3日はかかるだろう“と思い届くのを楽しみに待っていると、なんと・・・!
翌日の午前中に商品が届き、私はそのスピードに驚きと感動を覚えました。

そのレシピ本のおかげで今では30分も長く睡眠時間にあてることができたので、さらに30分~1時間ほど家事の時間を短縮できるよう、自分に合ったやり方を日々模索していきたいと思います。
仕事でも同じように自分に合ったやり方を見つけ、某通販サイトのように丁寧さやスピードを意識しながらこれからも頑張っていきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

New

2019年12月28日 (土)

年末のご挨拶

2020_2

2019年も残すところあとわずかとなりました。 
皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
本年は格別のご愛顧を賜り、まことに有難く厚く御礼申し上げます。
来年もより一層のご支援を賜りますよう従業員一同心よりお願い申し上げます。
年始は1月6日(月)より通常通り営業させて頂きます。

2019年12月23日 (月)

フィリピンでGRABを使ってみた件

こんにちは。イノベーション開発部の明です。

少し前のことですが旅行でフィリピンのセブ島に行ってまいりました。青い空とエメラルドグリーンの海に囲まれて、体も心もリフレッシュできました。往復の飛行機やホテルまでの送迎については事前の手配をしていましたが、現地での移動手段だけは自分でなんとか確保しないといけませんでした。フィリピンは英語圏ではありますが、自分は拙い英語しか話せないのと、心配性な性格のため、出発前に現地の交通手段についていろいろ調べてみました。現地でよく使われている移動手段はジプニという乗り合いミニバンです。値段も安く、走っている台数も多いので、現地では日常の足となっています。ただ乗り合いであるため、スリに合うリスクが高いのだそうです。
セブ島には電車やバスなどの公共交通機関がないため、あとはバイクタクシーと普通のタクシーになります。幸いフィリピンの物価が安く、タクシーの初乗り料金が40ペソ(80円程度)ですので、セブ島での移動手段はタクシーにすることにしました。ただ、先ほども書きましたが、私は拙い英語しか話せないので、タクシーを利用するにしても目的地をちゃんとドライバーさん(現地の方)に伝えられるかどうか。。。
そこでWEBサイトでGRABというフィリピンで使える配車アプリを見つけました。

GRABは東南アジアのいろんな国で使えるタクシー配車サービスのアプリです。
使い方はすごくシンプルで、GPSと連動しているので、自分の現在地と目的地を入力して、希望する車種(4人乗りか6人乗り)を選択すれば、GRABのシステムが自動的に近場にいるタクシーをマッチングしてくれます。また、現在地と目的地を入力しているので、だいたいの料金も最初から教えてくれるため、悪徳なタクシードライバーによるぼったくり請求のリスクもほぼありません。さらに、システムに登録した目的地はそのままタクシードライバーに事前通知しているので、私のような現地の言葉に通じない観光客でも、極端に言うとタクシードライバーさんと一言も話さなくてもちゃんと目的地まで連れて行ってくれます。アプリにクレジットカードの登録もできるようで、登録すればタクシー運賃の支払いもアプリ内で完結できて小銭や釣り銭問題も解決です。

実際現地で使ってみたのですが、上記の通り操作もシンプルで、配車も早く、すごく清潔な車内で、ドライバーさんも親切な方でした。タクシーを降りて後は、GRABからタクシードライバーへの評価リクエストが来ました。笑顔もサービスも素敵でしたので、もちろん☆×5を付けました。一つ面白いと思ったのは、お客様がドライバーさんに対して評価することは普通ですが、GRABの場合はドライバーさんがお客様に対しても評価を付けられるようになっています。あんまりにも酷い評価ばかりのお客様の場合、そのうちどのタクシーも乗せてくれないこともあるのでしょうか。(笑)

皆さんも東南アジアに行かれる際は、機会があればぜひGRABを利用してみてはいかがでしょうか。

2019

2019年12月16日 (月)

久しぶりのDIY

こんにちは。マーケティング営業部の早瀬です。
早速で恐縮ですが、今年の夏に家の庭にある自転車置場の波板屋根が強風で吹き飛ぶ事件がありました。幸いにも夜遅い時間ということもあって通行人やご近所様に迷惑をかける様な事にはならなくて本当に良かったです。ただ、暗い強風雨の中で吹き飛んだ屋根探しと応急処置が結構大変で、古い設備には十分注意しなければならないと実感した出来事でした。
見た感じ屋根の修理は自分でも修理出来そうに思いましたが材料集めや道具準備がとても面倒に思い、できれば業者さんにお願いしたくて手配しようという流れになったまでは良かったのですが、妻が業者さんをネットで探してしまった事から、世のパパさんは結構DIYで修理しているらしいと言い出して…結局ブーメランのように私の元に帰ってきてしまいした(笑)。最近は動画で親切に説明してくれてるんですね…
元々は車やバイク弄りが好きなタイプでしたのでどうせやるならキッチリ作業をしようと思い、必要な材料と種類・加工方法・必要な道具などいろいろ調べて、久しぶりにホームセンターや通販で購入をしました。
ところで少し話が脱線しますが、ホームセンターいるとワクワクしませんか?
私はネジ1本でも種類や形や材質の違いや値段に驚いたり、様々な部品を見て何処に使っているのか想像したり、工具を見て精度の違いや使い勝手の工夫に感心したりなど、1日中居ても飽きません。
昔そろえた工具や道具類は車を手放した時や引っ越をした時に処分をしてしまったのでほとんど手元に残って無かったため、今回の屋根修理に必要な道具を購入しました。最近は便利な道具が安価で販売されておりますので、私の興味の中心はこの段階で道具の方へ移っておりました。道具大好きスイッチが入った私は、不用品処分の分解・切断や庭の手入れにも使えるとか、子供の自転車を調整するときにも使えるとかいろいろと理由をつけて今回の作業にあまり関係しない電動工具もまとめて買い揃えてしまいましたので、もしかしたら業者さんに頼んだ方が安く上がったかもしれません(笑)
屋根の修理は準備開始から完成まで2か月近くかかりました。休日作業にもかかわらず他の用事に時間を取られたり、切った材料の寸法が合わなくてやり直しをしたり、作業中に壁から落ちかけてスリ傷を作って中断したりと様々ありましたが、自分なりに満足いく出来で家族にも喜んでもらう事ができました。
次回は今回交換した古い屋根の切断や不要になった小型木製家具を分解・切断して燃えるゴミにする計画です。
もしDIYにチャレンジしてみようという方がいらっしゃいましたら、最も重要なのはケガをしないことなので安全第一で行ってくださいね。

Photo

2019年12月 9日 (月)

温かい対応

こんにちは。総務部の吉村です。
肌に触れる風もだんだんと冷たくなり、晩秋の気配が感じられるようになりました。朝晩と日中の寒暖差もあり、体調を崩される方も増えてくるのではないでしょうか。
という私も、数日前から体調の異変を感じ、先日近くの病院を受診してきました。時期的なものか患者さんの数がとても多く、これはしばらくかかるな・・・と思いながら覚悟を決め順番を待っていました。1時間くらい経ち、周りを見渡せば待合室は私だけになっていたため、いよいよ呼ばれるなと準備してましたが、待てど暮らせど呼ばれません。すると、受付の方が私を見つけて驚いた顔をしていたため尋ねると、どうやらPCに入力したはずの私のデータが消えていたようです。そのため、スタッフの方々は本日の診察は終了したと思い、片付けに入るところでした。
実はこういった類の事が私はよくあり、またか・・・と残念な気持ちになっていましたが、その後の受付の方と看護師さんのスピーディーで丁寧な対応と、申し訳なさがとても伝わり、どうしてそうなったんだろうと言う疑問はありましたが、残念な気持ちはなくなりました。先生からのフォローもあり、また必要があった際は利用しようと思いました。
人間誰にでもミスはあります。ミスをすることが許されないこともありますが、もしミスをしてしまった時、その後の対応がいかに大切か、私自身とても参考になりました。日々、ミスのないよう業務に努めておりますが、もしミスをしてしまった場合、迅速かつ丁寧で誠意をもった対応をしていきたいと思います。

20191209_165320


2019年12月 2日 (月)

いつの間にか日本に取り入れられたイベントたち

こんにちは。イノベーション開発部の津田です。最近とても寒くなってきて、秋を通り越していきなり冬が到来した気がしますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。今回はここ数か月の間、日本人にはそこまでなじみがないにも関わらず、大々的にとりあげられている、私自身とても興味深いと思った2つのイベントについて書きたいと思います。
 それは10月31日に行われたハロウィンと、11月の末に行われたブラックフライデーです。まずハロウィンについてですが、東京ディズニーランドで行われる盛大なパレードや、渋谷での仮装パーティが話題になると思います。最近ではリーガルの地元の松山でも仮装する人たちがいるぐらいで、かなり日本に浸透してきていると思います。本来は秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出すためといった宗教的な意味合いのあるアメリカ発祥のイベントですが、珍しくキリスト教に何ら関係がないのが特徴的です。主に子どもたちが仮装して近隣の家々を回ってお菓子をもらったりする風習があるというのも面白いイベントだと思います。私自身子供の頃、アメリカでハロウィンに参加した経験があり、当日は学校のクラスメイト達と仮装して近隣の家を回ってお菓子を貰えてとてもうれしかったのですが、それから数十年後、ハロウィンのハの字もなかった日本に突然取り入られ、お菓子をもらうことはないものの、仮装する人がかなり増えてきたのをテレビ等でみると、とても懐かしい気持ちになります。 
 次にブラックフライデーなのですが、ハロウィン以上に日本にまったくなじみがなく、主にアメリカのサンクスギビングデー(感謝祭)の翌日に、小売店などで大規模な安売りが実施されるイベントで、由来がとても興味深いイベントです。このイベントは現在ハロウィンほど日本に浸透してるとは思えませんが、最近のテレビCMや通販サイト等のページで大々的にブラックフライデーセールという言葉を使うようになってきて、数年後にはかなり浸透しているのではないかと思います。
 以上の二つのイベントなのですが、なぜこれらのイベントがここ数年で大々的に取り入れられたのかとても不思議です。いまさらとも思いますが、やはりクリスマスや年末商戦までの間を埋めるための商業戦術なのでしょうか?。そのあたりがとても興味深いです。
 この二つのイベントは主にアメリカのみが行っていたイベントなので、今後は他の国のまったく知らないイベントが日本の行事空白期間に取り入れられるのを期待しています。

Photo


2019年11月25日 (月)

[幸せな事]

こんにちは。マーケティング営業部の冨吉です。
突然ではありますが、皆様にとって【幸せな事】とは何ですか?先日、かなり久しぶりに結婚式のご招待を受けました。自分が結婚した時のことや、周りが結婚ラッシュの時期のこと等、走馬灯のように思い出し懐かしく感じ、結婚式に参加する時期は、ある程度一定の周期があることを何となく実感している今日このごろです。今回は大切な仲間の結婚式に呼んでいただいたことをとても幸せに感じますし、うれしく思います。その仲間は直近に大変な出来ごとが起こり現在乗り越えているところですので、心底、幸せになってほしいと思っております。結婚式はこれに限ることではありませんが、大きく幸せのおすそ分けを感じる事ができる行事ですよね。日ごろから分けてもらうだけではなく、分けてあげることができるような、ゆとりを持った生き方ができるよう、毎日の生活を充実させたいものです。
今回の結婚式に至っては久しぶりのお招きだったこともあり 周りの仲間や、家族、お客様などなど、支えられている皆さまへのつながりや大切さをを再度思い起こさせていただいた、幸せのご招待だと思っております。結婚式の出席の際には、めいいっぱい祝福してまいります。

私たちリーガルでは、会社の理念として五つの理念を掲げています。
その中の一つに「私たちは仕事と家庭が充実し、幸せな生活ができることを目指します。」というものがあります。
この「幸せ」というものは人それぞれに異なるところかと思いますが、私個人としては、この度ご結婚されるお二人と、ご両家の皆さまのご多幸とご健康を祈念いたしますとともに、幸せについて思い起こさせていただいたことに感謝しております。またこのブログを読んでいただいている皆様にも幸せ多き日々をお過ごしいただけますようにお祈りいたします。

日々の生活の中、たまには幸せについてゆっくり見つめなおす時間も必要なのかもしれませんね。

Photo

2019年11月18日 (月)

自動化ゲートで入出国審査をカンタンに

こんにちは。総務部の大内です。
朝晩めっきり寒くなってきましたが、体調を崩されたりしておりませんでしょうか。
さて、行楽シーズンや年末年始で遠出される方も多いと思いますが、皆様は出張や旅行などで最近海外に行かれたことはありますか?
国際線で出入国をする際には必ず出国審査・入国審査が必要になってきますよね。長い列に並んで、あれこれ聞かれることもあって、チケットや荷物で手が塞がっているのにサングラスや帽子も外して……。出入国審査だけでもなかなかに手間のかかる手続きになっていると思います。特に連休などでご旅行の際は非常に混みあってしまいますので、審査場の混雑の緩和のため、一部の空港には「自動化ゲート」が設置されています。自動化ゲート自体は数年前から設置されていますが、顔認証型のゲートが今年の夏から各地の空港へ続々と導入が進んでいます。指紋認証型と顔認証型とで2種類ありますので両方ご紹介します。
1)指紋認証型自動化ゲート
指紋認証型のゲートは、事前登録の申請書を書いておけば、あとはパスポートと指紋だけで審査を済ませることができます。申請書も一度書いておけばパスポートの有効期限内なら再記入は必要ありません!こちらは指紋を照合するだけですので、帽子やマスクなどの着用もOKです。
①申請書類を記入(5分程、初回のみ)
②自動化ゲートの画面の指示に従い、パスポートを読み込ませる
③自動化ゲートの機械で指紋の照合を行う
設置場所:成田空港、羽田空港、中部空港、関西空港
2)顔認証型自動化ゲート
顔認証型のゲートは、事前の登録も必要なく、パスポートの顔写真と自分の顔だけで審査を済ませることができます!ただしそのお手軽さゆえに、指紋認証型ゲートよりは混みあうようです。また、顔の認証を行うため帽子やマスクの着用はNGです。
①自動化ゲートの機械にパスポートを読み込ませる
②自動化ゲートの画面で顔の照合を行う
設置場所:成田空港、羽田空港、中部空港、関西空港、福岡空港 (2019/11/8現在)
私は人見知りがちなのでどうしても空港では「審査員の方に何を聞かれるんだろう?」とソワソワしてしまいますが、自動化ゲートなら心配ありません!(笑) 今後も日本だけでなく世界中の空港でこういった簡易化が進んでいくと、海外旅行への足取りも軽くアクセスしやすくなりますね。
私はお電話でのお問合せでしか皆様と直接やりとりをする場面がありませんが、皆様に『リーガルに聞いてみよう』と思っていただけるような、アクセスしやすい玄関口でありたいと思っております。これからも宜しくお願いいたします。

Photo


2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

  • Loading
 
 
 
各製品Webサイト
モバイルサイト