« 2018年12月 | メイン

2019年1月

2019年1月21日 (月)

独居認知症高齢者の早期発見と早期対応のプロセス

こんにちは。イノベーション開発部の八重樫です。

成年後見制度利用促進基本計画のポイントの一つに「権利擁護支援の地域連携ネットワークづくり」がありますが、これと関連した論文がJ-stageにありましたのでご紹介させていただきます。

「独居認知症高齢者の早期発見と早期対応のプロセス」(桜美林大学 久松信夫先生著)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsssw/35/0/35_1/_pdf/-char/ja

論文では地域包括支援センターの9名の社会福祉士の方へのインタビュー調査を実施して聞き取った内容をもとに、独居認知症高齢者を早期発見したり、早期対応するためのプロセスについて分析をしてます。

早期発見するためのプロセスにおいては「初期情報の把握と早期発見の基盤づくり」などが行われているとのことです。具体的には、関係者との情報共有や問題点などを言いやすい環境づくりとか、協力者を増やすことなどが概念としてあげられています。

認知症の高齢者を発見した後に早期対応するためのプロセスとして「介入代行の依頼と関わりの拡大」などが行われているようで、具体的な概念には、身近にいる頼りになる人を介して支援する、高齢者本人の今後の不安を他職種と共有して支援するなどがあげられています。

相談に来た人の言葉のひとつひとつから、多分そのうち発生するんだろうなというきっかけを見逃さないように耳をすますことと、いろんな人の力を借りて支援していくことが大事なんだと感じました。

自治体の相談窓口の方もヒアリングの際に早期発見するアンテナを張っているのだと思いますが、このあたりの分析を都道府県レベルとか大きな規模で行って、相談窓口の方に実践してもらうと成年後見制度の利用の増加に繋がっていくと思います。

Photo

2019年1月15日 (火)

寒い日はお家でひっぱりうどん

新年あけましておめでとうございます。
沖縄出身、東北担当のマーケティング営業部の新垣です。

皆さま、年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。今年の冬は暖冬といわれているので、例年に比べるとだいぶ寒さは落ち着いているように感じますが、朝と夜はやっぱり寒いので上下ヒートテックが欠かせないです。

話は変わりますが、私の最近のマイブームは「ひっぱりうどん」です。と言われてもピンとこないと思いますが、これは山形の郷土料理です。山形県を担当をして3年が経ちましたが、恥ずかしながら最近この料理を知りました。

3年も山形県へ出張すると、行きつけの居酒屋があり、そこのメニューに「ひっぱりうどん」と書いてあるのには気づいていましたが、名前からは何が入っているのか想像ができず頼んだことがありませんでした。

ある時にこれは何が入っているかと店長に聞いてみたところ、「納豆が入っていて、うどんが温かくて、汁が無い」と言われたのですが、全然イメージが湧きません。納豆は苦手であまり口にしない私ですが、好奇心の方が上回り頼んでみることにしました。

実際に出てきたものは、茹で上がったうどんに納豆と卵の黄身をのっけて、出汁醤油をかけてあるだけのシンプルな料理で、イメージは釜玉うどんに納豆がのっている感じでした。食べてみると、私が苦手とする納豆独特のネバネバが、うどんに絡んで食べやすくなっていて、想像以上においしかったです。

すごくシンプルな料理なので、自宅でも簡単に作ることができます。家ではほとんど料理をしない私でも、先日外が寒い日にわざわざ買い物に行きたくないなと思ったときに冷凍のうどんで手軽に作ることができました。

寒くて外に出るのが面倒なときは、ひっぱりうどんにしてみてはいかがでしょうか。

Family_udon

2019年1月 7日 (月)

ストアアプリ版Office

こんにちは、CSサポート部の村上です。

めっきり冷え込んできましたが、体調など崩されておりませんでしょうか?PCも結露などの影響で不調を起こしやすくなります。事務所を少し温めてから、PCの電源を入れることをお勧めいたします。

ところで、2020年1月に迎えるWindows7のサポートの終了に伴い、PCの買い換えを検討されている方も多数いらっしゃると思います。PC購入時点でMicrosft Officeがプレインストールされているモデルも多数ありますが、最近のモデルでは、Officeの種類が少し違っているようです。

Windows10は「デスクトップモード」と「タブレットモード」という2種類の動作環境があります。それぞれ、デスクトップモードで動作するソフトウェアが「デスクトップアプリ」、タブレットモードで動作するソフトウェアが「ストアアプリ」と呼ばれます。

先ほど「Officeの種類が少し違う」というところが、ストアアプリ版のOfficeがプレインストールされているということなのです。

ここで、困ったことが生じます。リーガル製品のソフトウェアは、全て「デスクトップアプリ」なのです。Windowsの仕様により、デスクトップアプリからはストアアプリの制御や連係が取れないのです。そのため、書類の作成や編集などができないという問題が発生します。

折角Officeがインストールされているモデルを購入したのに・・・
でも、ご安心下さい。Microsoftでは、追加費用なしでストアアプリ版からデスクトップアプリ版への入替る方法が提供されております。

ご参考までに、アプリの確認方法と入れ替え方法が紹介されているMicrosoftサポートページをご紹介いたします。再インストール方法でご不明点がありましたら、PCのご購入店やPCメーカーにご相談下さい。

■Officeの確認方法
プレインストール版 Office 2016 の確認方法
https://www.microsoft.com/ja-jp/office/2016/pipcsetup/pipc_re_setup.aspx#resetup2016-01

■Officeの再インストール方法
デスクトップ アプリ版 Office 2016
https://www.microsoft.com/ja-jp/office/2016/pipcsetup/pipc_re_setup.aspx#resetup2016-02

012788

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年

Blog2


昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年も社員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

新年は1月7日(月)から平常営業とさせて頂きます。
平成31年 元旦

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索

  • Loading
 
 
 
各製品Webサイト
モバイルサイト